インターンシップについて

インターンシップとは在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連すると考えられる企業・団体で就業体験をすることです。インターンシップを通して学生の皆さんは企業・団体への理解を深めると同時に、「働くとはどういうこと?」「大学で学んだことを社会でどう活かせるのか?」「自分に適した仕事は?」といった、将来へのビジョンを形成する大きなきっかけを得ることができるでしょう。


インターンシップの種類と期間

日本でのインターンシップは、夏期休暇期間に行う「サマーインターンシップ」と、春期休暇期間に行う「スプリングインターンシップ」が中心となります。期間については、1週間から2週間のものが一般的です。

APUでは、学生が独自に応募する自由応募型のインターンシップとは別に、大学協定型のインターンシップを提供しております。また、国際経営学部生を対象により実践的に経営学の知識を活かせる「ビジネスインターンシップ」があります。皆さんの目的に応じてどのインターンシップが適切かご検討ください。

協定型インターンシップ
ビジネスインターンシップ(アカデミック・オフィスWebサイト)
自由応募型インターンシップ

ページトップへ戻る