JMOOC(オンライン公開講座)

立命館大学 JMOOC(オンライン公開講座)のご案内

MOOC(Massive Open Online Course:大規模公開オンライン講座)は、世界中に登録者を持つオンライン学習サービスで、大学などの講義を誰もが無料で受けることができます。
JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)はMOOCの日本版、無料で学べる日本最大のオンライン大学講座です。

■JMOOC受講案内 → https://www.jmooc.jp/about/

立命館大学・開講講座一覧

2019年1月開講  ※受講募集中

健康づくりのための運動と栄養摂取の実践
dummy

担当教員:
藤田 聡  スポーツ健康科学部教授
海老 久美子  スポーツ健康科学部教授

開講日程:
2019年1月15日~(4週間)


講座概要:
超高齢化社会を迎えている日本では、昨今、健康寿命の延伸の重要性が強調されていますが、運動や食事を含む生活習慣を変えることにより、メタボリックシンドロームやロコモティブシンドロームなどの疾患を予防・改善し、健康寿命を延ばせることが明らかになっています。そこで本講座では、健康寿命の延伸において重要な鍵を握っている運動と栄養摂取について、科学的なエビデンスに基づいた基礎知識と実践方法の講義を行います。
具体的には、受講生が講座で紹介する運動プログラムや栄養摂取を実践することで、自らの健康状態の改善を実感することが可能な、「理論と実践」を兼ね備えた講座を提供します。ぜひご受講ください。

受講登録・講座詳細はこちらから

  

生存学の企て 病い、老い、障害とともに
dummy

担当教員:
立岩 真也  先端総合学術研究科教授 他

開講日程:
2019年1月15日~(4週間)

講座概要:
人は病気になったりする。障害がもともとあったり、あることになったりする。形がそれぞれ異なり、その姿形その他についての好みもなぜだかいろいろある。人の身体(からだ)が、みな同じだったら、それでみんながずっと同じにできるなら、あるいはいくらでもできるのなら、どうだろう。もしかしたら社会はいらないかもしれない。面倒がなくてよいかもしれないが、しかしそれでは、つまらないかもしれない。様々な身体を生きていく人たちの生の様式・技法を知り、人々のこれからの生き方を構想し、あるべき社会・世界を実現する手立てを示す→「生存学」の営みの一端をお伝えします。ぜひご受講ください。

受講登録・講座詳細はこちらから

2019年2月開講  ※受講募集中

京都からおくる日本史研究の最前線
dummy

担当教員:
本郷 真紹 文学部教授 他

開講日程:
2019年2月14日~(4週間)


講座概要:
まずは、古代史。大化改新、壬申の乱、長屋王の変、藤原広嗣の乱、恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱、藤原種継暗殺事件、と7世紀から8世紀の有名な争乱と異変が新たな切り口で描きなおされます。中世は、摂関政治、院政、平氏政権、鎌倉幕府、保元の乱、承久の乱、と有名な政治制度と争乱。これも武士の時代と見られている中世を、貴族社会から見てみようという視点を変えた面白い趣向となっています。つづいて近世(江戸時代)。普通、鎖国で外国との交流が断たれている時代と考えられがちですが、これを見なおしてみようという意欲的な試みです。そして最後が、近代。これはマリア・ルーズ号事件、教科書疑獄事件、司法官弄花事件、万歳事件、近文原野土地収奪事件、満州国国立競馬場創設など、あまり知られてこなかった事件が並びます。そこから現代の日本に直結する、どんな日本史像が描かれるのか。ぜひご受講ください。

受講登録・講座詳細はこちらから

教養としての言語論 -言語は私たちをまやかし生きにくくさせる-
dummy

担当教員:
山中 司 生命科学部教授 他 

開講日程:
2019年2月28日開講予定


講座概要:
私たちは常日頃、言語を用いたコミュニケーションを躊躇なく行っています。そして私たちは知らず知らずのうちに、言語こそ動物と人間を違える優れた発明であり、言語があるからこそ他人と分かり合える、言語があるからこそ物事を考えられ、詳しく、正しく自分の思いを伝えることができると思っています。しかし本当にそうでしょうか。言語は時として私たちの生き方や考え方を窮屈にさせてはいないでしょうか。この講座では、講師が複眼的・横断的な視点から、言語とコミュニケーションに関する知見を提示し、言語に対する考察を深める一助にしていただきます。言語哲学的な考察から、ビジネス、英語教育に至るまで、様々なトピックを取り上げ説明します。ぜひご受講ください。



▼受講登録・講座詳細はこちら
1月中旬より募集開始予定

受講登録について

 各講座掲載URLまたは、JMOOC公認プラットフォームgacco(http://gacco.org/)から、受講登録をお願いします。
 *登録・受講は無料です。
 *開講後も受講登録をすることができます。ただし、課題締切日を過ぎると、修了要件を満たすことができなくなります。この場合、修了証の発行はできかねますので、早めの登録をお願い致します。

問い合わせ先

 学校法人立命館 総務部 社会連携課 075-813-8166

ページトップへ