立命館大学 MOOC(オンライン公開講座)

立命館大学 MOOC(オンライン公開講座)のご案内

MOOC(Massive Open Online Course:大規模公開オンライン講座)は、世界中に登録者を持つオンライン学習サービスで、大学などの講義を誰もが無料で受けることができます。
JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)はMOOCの日本版、無料で学べる日本最大のオンライン大学講座です。

立命館大学・開講講座一覧

2020年2月開講   NEW 受講受付中 

現代(いま)に生きる子どもの心理学 
-最新の知見から- 乳幼児と養育者・保育者・ロボットとのかかわり
dummy

担当教員:

◆矢藤 優子総合心理学部教授
◆谷 晋二総合心理学部教授
◆荒木 穂積総合心理学部・人間科学研究科 特別任用教授
◆板倉 昭二同志社大学研究開発推進機構 赤ちゃん学研究センター センター長・フェロー教授

開講日程:
2020年2月28日~

講座概要:
本講義では、乳幼児期(0~6歳くらいまで)の子どもの発達とその支援に関する最新の知見を、発達心理学、応用行動分析学、Developmental Cybernetics(ディベロップメンタル・サイバネティクス)等さまざまな領域の専門家が概説します。近年、少子高齢化やIT技術の進展など社会の状況が著しく変化するのに伴い、子どもを取り巻く環境も大きく変わりつつあります。さまざまな育児情報が氾濫する中で、乳幼児期の発達についての科学的かつ実践的な知識、育児におけるネガティブな感情や行動への対処法、日常生活の一部となったロボット等のエージェントと子どものかかわり方、発達障害を持つ子どもへの支援など、養育者、保育者のみならず子どもに関心の高い学生や社会人にも有益な情報を提供いたします。
受講登録・講座詳細はこちらから

2020年1月開講   NEW 受講受付中 

SDGs表現論 プロジェクト・プラグマティズム・ジブンゴト
dummy

担当教員:
◆山中 司 生命科学部教授
◆上田 隼也 立命館SDGs推進本部・イノベーションオーガナイザー

開講日程:
2020年1月31日~

講座概要:
本講義はSDGsそのものを紐解くことを主眼に据えたものではなく、一人一人が「自分ごと」としてSDGsをどう捉えるべきかについて、考える機会を提示するものです。
本講義のキーワードは哲学としてのプラグマティズムと、方法としてのプロジェクトです。個々の興味、関心、問題意識は、必ずSDGsにつながるという信念のもと、一人一人がマイプロジェクトを立ち上げ、そこにSDGsを乗せ、まず活動してみることを提案します。そうして、世界中の人がマイプロジェクトに取り込むことで、世界を変える意義について考えます。SDGsは一つの外圧であり、チャンスであると言えます。戦略的にSDGsの視点を入れ、一人一人が社会を変える主役になるべきことを強く訴えます。ぜひご受講ください。
受講登録・講座詳細はこちらから

2019年10月開講

健康づくりのための運動と栄養摂取の実践
dummy

担当教員:
◆藤田 聡  スポーツ健康科学部教授
◆海老 久美子  スポーツ健康科学部教授

開講日程:
2019年10月24日~2020年1月24日

講座概要:
超高齢化社会を迎えている日本では、昨今、健康寿命の延伸の重要性が強調されていますが、運動や食事を含む生活習慣を変えることにより、メタボリックシンドロームやロコモティブシンドロームなどの疾患を予防・改善し、健康寿命を延ばせることが明らかになっています。そこで本講座では、健康寿命の延伸において重要な鍵を握っている運動と栄養摂取について、科学的なエビデンスに基づいた基礎知識と実践方法の講義を行います。
具体的には、受講生が講座で紹介する運動プログラムや栄養摂取を実践することで、自らの健康状態の改善を実感することが可能な、「理論と実践」を兼ね備えた講座を提供します。ぜひご受講ください。

受講登録・講座詳細はこちらから

受講登録について

 各講座掲載URLまたは、JMOOC公認プラットフォームgacco(http://gacco.org/)から、受講登録をお願いします。
 *登録・受講は無料です。
 *開講後も受講登録(受講)することができます。修了要件は各講座ページ内にてご確認ください。

問い合わせ先

 学校法人立命館 総務部 社会連携課 075-813-8166

ページトップへ