立命館アジア太平洋大学

CLOSE

学生生活

プログラム修了者一覧

2020年3月、2人のプログラム生がプログラム最初の修了者となりました。ご卒業、ならびにプログラム修了、おめでとうございます。


Horors Program for Global Citizenship (HPGC) 修了者

氏名:GOURDIN Jean-Baptiste Thierry Joannesさん

学位:学士(経営学)

プログラム参加期間:2016年秋セメスター~2019年秋セメスター

サービスラーニング・アワード・ランク:Summa cum laude in Service

主な活動内容:オリジナルAPUウェアを製作し生協にて販売したほか、キャンパス周辺の清掃活動を自主的に企画・実施しました。また、APUに興味がある受験生にキャンパスツアー、個別相談などを行う学生スタッフGASS(Global Admissions Student Staff)としても積極的に活動しました。

氏名:松本 菫さん

学位:学士(アジア太平洋学)

プログラム参加期間:2016年秋セメスター~2019年秋セメスター

サービスラーニング・アワード・ランク:Magna cum laude in Service

主な活動内容:国外でのガールスカウト研修、多様性理解を深める事を目的としたキャンプを企画し実施した他、多文化協働ワークショップのリーダーTA(Teaching Assistant)を務めました。

*サービスラーニング・アワード・ランクについて

大学が実施するプログラムや学外でのボランティア活動に参加したり、自分自身で一定数のプロジェクトやイベントを企画・実施し、承認を得る事が修了要件の一つとなっています。
また、承認を得た活動の数に応じて3段階のサービスラーニング・アワードのランク認定を行い、APUのロールモデルとなることを目指し意欲的に取り組んだ学生としてプログラム修了時に認定されます。

ランク ランクが示す学生の姿
Cum laude in Service プログラム修了基準を満たした学生
Magna cum laude in Service 複数分野や領域に渡って積極的に活動し、多くの学生にとって模範となる存在
Summa cum laude in Service 学生や教職員、地域住民はもとより、世界的な視野と行動力を兼ね備える、真の世界市民

PAGETOP