カリキュラム(2016年度まで)

4年間の学びについて

4年間の学びについて
1回生

確かな基礎学力の形成をめざし、情報科学の基礎知識や数学・物理学を学習します。1回生時に情報分野全般で必要な基礎知識を確実に身に付けてから、2回生進級時に学科配属を行います。学科選択にあたっては、基本的に皆さんの希望を優先しますが、希望者が多い学科については1回生時の成績によって配属を決定します。

2回生

学科に分かれ学科基礎(コア)科目を中心に各分野の専門科目や実験・演習を履修します。情報理工学部では、系統的に学修できるカリキュラムに沿って、一定の段階で単位 修得状況を点検し、適宜指導を行う進級制度を設けています。2回生終了までに必要な要件を満たしていない場合は、3回生に進級出来ないことがあります。

3回生

学科展開科目で各学科の専門領域を系統的に学習。3回生前期中に後期から所属する研究室が決定し、全員が「卒業研究1」を受講します。また、研究室配属決定者のうち、希望者を対象に「到達度検証試験」を実施します。情報理工学部で身に付けた学びの到達度を自覚することで、次の学修への課題を認識し、その後の学びの動機付けを行っています。

4回生

研究室で教員のきめ細かな個別指導を受け、同じ回生の学生のみならず先輩の大学院生とともに学び、4年間の集大成としての卒業研究に取り組みます。

2016年度のカリキュラム