学部ポリシー

情報理工学部の各目標・ポリシー

Ⅰ.人材育成目的

情報理工学部では、次のような人材の養成を目指します。

情報理工学部の人材育成目的
  • (1)『確固たる専門性と独創性をかね備えた人材』 数学、自然科学に関する知識を基礎とし、情報科学技術に関わる確固たる専門力量を持ちながら異分野の科学・技術との接点を見出し、問題解決や新たな研究領域を創成できる能力を持った人材の養成を目指します。
  • (2)『国際社会を舞台に活躍できる人材』 論理的な記述力、プレゼンテーション能力、討議などのコミュニケーション能力に加え、高い英語運用能力を持ち、国際的に情報分野でリードする人材、グローバルな視点から多面的に物事を捉え、社会に貢献できる人材の養成を目指します。
  • (3)『高いキャリア意識をもつ人材』 情報科学技術を学ぶ上での目的意識と、情報科学技術の高度化による人間、社会、文化などへの影響に関する深い洞察力を持ち、情報科学技術の先行きを見通して自主的、継続的に学習できる人材、また、高度な資格を持つなどキャリア意識の高い人材の養成を目指します。
  • (4)『高度な情報技術を適切に活かせる人材』 情報科学技術の素養の上に企画・管理・運営などのマネジメント能力を持った人材、さらに起業的発想を持ち得る人材の養成を目指します。
各学科の人材育成目的
  • 【情報システム学科】 情報システムの設計、構築、管理、運用に関する総合的な技術を教育研究し、情報システムに関する実践的な能力を持つ人材を育成することを目的とします。
  • 【情報コミュニケーション学科】 情報通信ネットワークおよびコミュニケーションシステムに関して総合的に教育研究し、情報コミュニケーションシステム構築に関する実践的な能力を持つ人材を育成することを目的とします。
  • 【メディア情報学科】 文字・音声・図形・画像などのメディア情報をコンピュータで扱うための総合的な技術を教育研究し、メディア情報をコンピュータで扱うための実践的な能力を持つ人材を育成することを目的とします。
  • 【知能情報学科】 生体知能・計算知能・機械知能などの知能情報分野を教育研究し、知能情報システムを工学的に実現できる能力を持つ人材を育成することを目的とします。

Ⅱ.入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

情報理工学部は、理学と工学に軸足をおいて、情報科学技術の最先端とともに中核となる技術に関する教育・研究をおこないます。これにより、今後さらなる発展が期待される「情報化社会」、その根幹をなす、社会基盤である情報インフラを担う人材を育成しようとする学部です。言い換えれば、社会・経済・文化などのあらゆる側面で活用される情報科学技術の新領域に挑み、新たなビジネスやエンタテインメントの創造を可能とする、高度な知識とスキルを持った技術者・研究者を育成することを目指しています。

従って、上記の目標を達成するためのカリキュラムポリシーを策定し、特色のあるカリキュラムを構成しています。ですから、本学部で、どのような教育を受けることができるのか、学部紹介パンフレットや学部紹介ホームページを熟読し、十分に理解していることが、まず大前提となります。その上で、下記のような人物を求めています。

  1. 本学部が担う学問分野に、幅広く、強い関心・興味を持っていること。
  2. 身につけた学問や研究を、卒業後社会に活かそうとする強い意志を持っていること。
  3. リーダーシップを発揮しながら、積極的に学ぼうとする強い意欲を持っていること。
  4. 論理的思考力、問題発見・解決能力、コミュニケーション能力の重要性を認識し、その向上に励む意志を持っていること。

Ⅲ.教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

1.学部共通カリキュラムポリシー

情報科学技術に関する高度な専門性と独創性を持ち、国際的に活躍できる人材を育成するために、次のような科目分野から編成されています。
つまり、「外国語科目」、「教養科目」そして、専門科目分野として「専門基礎科目」、「共通専門科目」、「学科専門科目」、「特殊講義」と「キャリア養成科目」です。これらの科目の系統的な履修により、教育目標を達成します。

各科目の設置意義は次の通りです。
「外国語科目」:4技能(Listening, Speaking, Reading and Writing)を中心にアカデミックイングリッシュ運用能力を高めます。

  • 「教養科目」:幅広い教養と確固たる世界観を形成することによって、人生の指針ともなるような知性と知恵、価値観の獲得を目指しています。特に科学、自然、勤労、社会奉仕、スポーツ、社会、文化、海外留学など、自然環境と人間社会からなる世界について、よく理解し、専門分野の拡がりに繋がるような多様な科目群で構成しています。また、専門教育の知識体系と価値について、幅広い視野で考察するための価値観を養成します。
  • 「専門基礎科目」:情報理工学部の高度な専門科目を学ぶ上で、基礎的素養を磨くための重要な科目として数学および自然科学系科目を配置しています。
  • 「共通専門科目」:数理科目と情報科目、英語専門科目等で構成しています。数理科目は、情報そのものの数学的表現や分析、情報処理の過程の理解、情報システムの分析・モデリングなどに必要となる科目を配置しています。
    情報科目は、コンピュータのハードウェアおよびソフトウェアを学ぶうえで、核となる科目を配置しています。
    英語専門科目は、国際的に活躍できる力量を養うための導入的科目として位置づけています。
  • 「学科専門科目」:学科の専門領域となる科目であり、学科の特色を強く打ち出した構成にしています。
    知識を具体化し、学科専門分野の理解をさらに深めます。
  • 「キャリア養成科目」:目的別のコース科目群を複数配置し、キャリアプランニングに応じて履修する科目です。
    多様な学びの要請に応えると共に、キャリア意識の向上を目指します。
2.回生・学科別カリキュラムポリシー
<1回生>

自然科学・数学・語学などの基礎学力、情報技術者としての正しい倫理観、ならびに情報科学における各分野共通の基礎知識を幅広く修得し、専門分野を学ぶ上での基礎を固めるとともに、プログラミングの入門として基礎的な文法およびアルゴリズムを修得します。

<2回生以上>

2回生以上は配属された学科において教育を行い、各学科が目指す人材の育成を行っています。

  1. 情報システム学科
    情報システムの設計、構築、管理、運用に関する総合的な技術を教育研究し、情報システムに関する実践的な能力を持つ人材を育成するためのカリキュラムを配置しています。
  2. 情報コミュニケーション学科
    情報通信ネットワークおよびコミュニケーションシステムに関して総合的に教育研究し、情報コミュニケーションシステム構築に関する実践的な能力を持つ人材を育成するためのカリキュラムを配置しています。
  3. メディア情報学科
    文字・音声・図形・画像などのメディア情報をコンピュータで扱うための総合的な技術を教育研究し、メディア情報をコンピュータで扱うための実践的な能力を持つ人材を育成するためのカリキュラムを配置しています。
  4. 知能情報学科
    生体知能・計算知能・機械知能などの知能情報分野を教育研究し、知能情報システムを工学的に実現できる能力を持つ人材を育成するためのカリキュラムを配置しています。

Ⅳ.学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

1.修得すべき能力

学生の皆さんは学部での学びを通じて、次のような能力をすべて身につけることを目指します。各項目に具体的な例を挙げていますので、参考にしてください。

  1. 科学技術の意義を社会的な関連の中で捉える素養を身につける。
    1. 科学技術の意義を例を用いて説明できる
    2. 特定の社会的側面から科学技術の得失を議論できる
  2. 自然科学ならびに数学を理解し、専門分野で活かせる基礎学力を身につける。
    1. 自然科学・数学の基礎概念を教科書を用いて説明できる
    2. 自然科学・数学の基礎概念の応用例を示すことができる
  3. 情報科学における各分野共通の基礎知識およびプログラミング能力を十分に身につけ、問題解決に応用する能力を身につける。
    1. 情報科学の基礎概念を例示できる
    2. 代表的なデータ構造とアルゴリズムを例示できる
    3. 代表的なプログラミング手法の応用例を示すことができる
    4. プログラミング言語を理解し、アルゴリズムをプログラムとして実装できる
  4. 技術者に要求されるコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、英語運用能力を身につける。
    1. 自らの考えを明確かつ論理的に組み立て意見交換できる
    2. 自らの研究成果を論文や報告書にわかりやすくまとめることができる
    3. 学習・研究の成果を一定時間内に正確に発表できる
    4. 科学技術英文を理解できる
  5. 集団の中で個人の役割を理解し、自主的かつ協調的に問題解決を行う能力を身につける。
    1. 集団における各構成員の役割を把握できる
    2. 適切な解決策を見つけ、集団内での合意をとることができる
    3. 合意に基づいて自主的かつ協調的に行動できる
  6. 情報技術者としての正しい倫理観をもつ。
    1. 知的所有権の意義を説明できる
    2. 機密保持の必要性を説明できる
    3. 個人情報の保護の必要性を説明できる
  7. 所属する各学科の専門性に合わせた力量を身につける。
    1. 情報システム学科では、情報科学と情報工学をベースに、情報化社会に不可欠な情報システムに関する技術を学びます。特にコンピュータシステムのハードウェ アとソフトウェアの開発・管理・運用に関する技術を中心に、先進的な教育・研 究を展開。個人レベルから世界規模の巨大システムまで、多彩な情報システムを 自在に構築し、利用できる力の修得を目指しています。
    2. 情報コミュニケーション学科では、コンピュータと様々な機器を接続する「情報 ネットワーク」技術、人と人との交流における「ヒューマンコミュニケーション」 技術、人とコンピュータを連携させる「インタラクションソフトウェア」技術の 各領域の最先端技術を学習。コミュニケーションシステムに関する理論はもとよ り、高度な応用技術の修得を目指しています。
    3. メディア情報学科では、情報システムと人間とをつなぐ「メディア情報」につい て、画像メディア技術・音声メディア技術・テキストメディア技術の基礎的な知 識とスキルを身につけます。さらに、これらのテクノロジーを応用し、次世代の 仮想空間(バーチャルリアリティ)を構築することができるハイレベルなインタ フェース技術を学びます。
    4. 知能情報学科では、人間工学や脳科学などによる「生体知能」の計測や分析、ソ フトコンピューティングに基づいた「計算知能」の設計と構築、知能ロボティク スを駆使した「機械知能」の解析と実現。以上の3 つの立場から知能情報処理技 術の教育・研究をおこない、世界最高水準の知識とスキルを身につけた技術者・ 研究者を養成します。