ブリッジSE

ワールドワイドな技術の架け橋

現在、日本は中国、インド、ベトナムなどのアジア諸国に多くのシステム開発の一部を発注し、現地の優秀なIT 技術者と協力してオフショア開発を行っており、その範囲は年々拡大しています。そこで、日本企業と外注先の海外企業との間で、両国の文化やビジネスに通じ、現地の技術者と会話し、作業指示や進捗管理ができるSE が必要となってきました。こうした国際的に活躍できる職種をブリッジSEと呼びます。

この資格が役立つ!
応用情報技術者、プロジェクトマネージャー、
各種語学検定
KEY & POINT
仕事を繋ぐ国の言語能力と、プロジェクトの進行、予算、スタッフ、リスクなどの管理能力求められるプロフェッショナルな仕事。一定水準以上の経験とスキルが必須です。今後ますますニーズの高まりが予想され、みなさんも将来のキャリアのひとつに考えてみてはいかがでしょう。