システムエンジニア(SE)

システムの誕生から運用まで…広がる職域でキャリア実現を目指す。

ソフトウェア開発の専門家という印象が強かったシステムエンジニア(SE)ですが、近年はコンピュータシステムがあらゆる分野で導入され、活用されるようになり、クライアント企業の情報収集・分析から、導入プロセスやシステム開発のマネジメント、導入後における保守管理のマネジメントなど、状況判断が必要な幅広い場面で活躍する職種となりました。SEとひとくちに入っても、業界や企業によって千差万別。ソフトウェア開発に特化していたり、コンサルティングも行ったり、業務の内容や求められるスキルも様々です。従って、その企業のSEがどのような職種なのかを充分見極めることが重要です。自分に向いた職場を選ぶことによって、将来の可能性が広がるといえるでしょう。

1.SEのキャリアパス

1.SEのキャリアパス

SEはIT技術者の代表的な職種ですが、非常に広い概念で扱われています。一般的には入社後、プログラマーなどの職種によって一定の技術を身につけ、経験を積み重ねる必要があります。また、SEはその企業の事業特性に応じて、プロジェクトマネージャーとしての業務も担う場合やコンサルタントとしての役割も兼ねる場合などがあります。
SEからのキャリアパスとしては、ある特定分野の技術や業務に高い専門性を身につけてスペシャリストとなる場合と、システム開発のプロジェクトマネージャーとなり、やがてコンサルタントとして幅広い経験と知識から指導・提案を行う場合などがあります。

2.プロジェクトチームで進めるシステム開発

2.プロジェクトチームで進めるシステム開発

システム開発はプロジェクトチームによって進められます。
プロジェクトチームはプロジェクトマネージャーのもとにSE、ミドルウェアエンジニア、プログラマーなど複数の専門職で構成され、互いにそれぞれの役割を果たしながら連携して開発を進めていきます。
SEはその要ともいうべき存在で、企画書をもとにシステムの概要設計、詳細設計、そして具体的な開発作業を進めるための仕様書を作成するなど、システム開発の成否を左右する重要な役割を果たします。

この資格が役立つ!
基本情報技術者、応用情報技術者、 プロジェクトマネージャー
KEY & POINT
SEは企業によってその役割や位置づけが大きく異なることも。また、その後のキャリアも多彩。従って、その企業研究がSEを見極めるポイントになります。仕事を通じて得られる知識や経験も幅広いので、キャリアデザインの幅も広がるでしょう。