11月25日(日)、びわこ・くさつキャンパスにて、2018年度立命館大学学園祭フィナーレを飾る「BKC祭典」が開催されました。天候にも恵まれ、学生や地域の方々など約12,000人が来場しました。

 メディアセンター前に設置されたセントラルステージではオープニングを皮切りに、熱気溢れるパフォーマンスに観客ともに大いに盛り上がっていました。また、広大なキャンパスではたくさんの模擬店やパフォーマンス、科学実験などの参加型イベントが多数行なわれ、学生の活気ある姿、そして来場者の皆様の笑顔に溢れていました。

 エンディングイベントでは「立命館大学応援団チアリーダー部・応援団吹奏楽部」、ダブルダッチサークル「Fusion of Gambit」、ダンスサークル「R.D.C」による迫力あるパフォーマンスが繰り広げられ、会場は大いに盛り上がりました。そして、BKC祭典のエンディングにはかかせないミュージック花火が晩秋の夜空を彩りました。

NEXT

2018.11.26 TOPICS

SFが想像する科学技術の未来

ページトップへ