創薬科学研究センターが創剤研究コンソーシアム第2回研究会を開催

1月22日(金)、大阪いばらきキャンパスカンファレンスホールにて創剤研究コンソーシアム第2回研究会 (薬学部 藤田卓也教授 創剤研究コンソーシアム代表)を開催し、 80名を超える研究者、企業関係者、本学教員が参加した。

今年度最後の開催となる今回の研究会は、講演の部と活動報告の部の2つのセッションで開催した。講演の部では今回も著名な研究者による薬物動態研究の最新の知見を講演頂いた。活動報告の部では、本コンソーシアム内で活動している吸収性評価技術分科会から、今年度の活動報告と来年度の計画の発表がなされた。この分科会は、コンソーシアム型研究会でもまれな実行力のある部隊となっており、参加企業間で課題となっている問題を共有し、その解決に向けた試験を実行することを主な活動内容としている。総合討論では参加者から多数の意見が飛び、非常に活発な議論の場となった。

本研究センターでは、今回のようなコンソーシアムの活動を通じで関連する分野の産官学の関係者が議論し共同で研究する場を創出し、日本の創薬研究の発展への貢献を目指している。

立命館大学創剤研究コンソーシアムHP
(URL: http://www.ritsumei.ac.jp/research/center/consortium/souzai/)

創剤研究コンソーシアム代表 藤田卓也薬学部教授
創剤研究コンソーシアム代表 藤田卓也薬学部教授
会場の様子
会場の様子

NEXT

2016.01.22 TOPICS

【+Rな人】サイバー犯罪被害防止をテーマに「アイデアソン」を開催 池上祐基さん(情報理工学部3回生)・高岡伸明さん(情報理工学研究…

ページトップへ