2022.06.15 NEWS

立命館大学における今後のマスク着用ルールの運用について

 立命館大学では、「立命館大学におけるマスク着用に関する申し合わせ」(2020年9月16日)により、「通学・通勤時および立命館大学キャンパス内ではマスク着用を義務づけるものとする」とのルールを定めています。新型コロナウイルスの感染防止対策において、マスク着用は引き続き重要となることから、本申し合わせを基本としつつ、政府によるマスク着用に関するルールの見直し(「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」2022年5月23日)をふまえて、2022年6月16日より、キャンパス内のマスク着用ルールの運用を以下の通りとします。

① 屋外でのマスク着用の扱いについて
・キャンパス内の屋外で「人との距離(2m以上を目安)が確保できる場合」や「距離が確保できなくても会話をほとんど行わない場合」は、マスクを着用する必要はありません。
※上記条件が確保できる場合、特に夏場は熱中症予防の観点からマスクを外すことを推奨します。
※逆に、屋外で「人との距離(2m以上を目安)をとれずに会話を行う場合」はマスクを着用するようにしてください。
② 屋内でのマスク着用の扱いについて
・キャンパス内の屋内では、従来通りマスクを着用するようにしてください。

 この対応は現状の新型コロナウイルス感染状況を踏まえたものであり、今後新たな変異株の流行などにより感染状況が悪化した場合や政府の方針が変更された場合には変更する可能性があります。

<留意事項>
・マスクは正しく着用してください。不織布マスクは飛沫の拡散や吸引を防御する上で優れていることから、不織布マスクの着用を推奨します。
・感覚過敏などによりマスク着用が困難な学生の方は、学生オフィスにご相談ください。また、教職員の方は、所属長に申し出た上で必要と思われる部署等にご連絡いただくようお願いします。

<参考:立命館大学におけるマスク着用に関する申し合わせ>
http://www.ritsumei.ac.jp/news/detail/?id=1852

関連情報

NEXT

2022.06.14 TOPICS

バトントワリング部の田和聖也選手が、日本代表として「第35回世界バトントワーリング選手権大会」に挑む

ページトップへ