2012/6/4

RCAPSセミナーでProf. Karkut, Jonathan(Lecturer, London Metropolitan University)のセミナー開催

2012年5月9日(水)、London Metropolitan University教授Jonathan Karkut氏を講師に迎え、「The Development of Geoparks in the Asia-Pacific Region」と題したRCAPSセミナーを開催しました。


Karkut氏はまず世界中で現れ始めたジオパークとは何かについて紹介しました。持続可能な観光、ヨーロッパにおけるジオパークモデルへの反応、アジア太平洋地域での事例研究について説明しました。

ジオパークはヨーロッパで発展し、近年では日本、韓国、中国、マレーシア、オーストラリアなどのアジア太平洋地域でも盛んになっており、UNESCOによると毎年5から10の新ジオパークが誕生していると述べました。またジオパークは既存の観光地だけでなく、新しい観光地にも適用できると説明し、南イングランドとドイツの事例について詳しく紹介しました。

ジオパークはそれ単体だけで存在しているのではなく、また訪れる人の興味、関心を引くだけでなく、自然、人とのかかわり(鉱物資源、影響)、歴史、火山、保全活動、教育、持続可能な発展・開発、産業、技術の発展、投資、文化、政治などさまざま要素を含んでいると説明しました。

ジオツーリズムは国境を越え、観光の中核となり、紛争を抱える地域では紛争を和らげ、経済を潤し、地域をより活性化させる効果があると述べました。

講演に続く質疑応答の時間では、APUの学生から別府観光に関する質問も含め、率直な質問や意見があり、活発な意見交換がなされました。Karkut氏の講演はさまざまな領域を含んでおり、学生にとって大変興味深く、貴重な講演を聞く機会となりました。

今回の講義はマルコム・クーパーAPS教授の招待により実現したものです。

パワーポイント(PDF)
◇動画(WMV)

トピック
セミナー
お知らせ一覧へ
Connect with us:
FACEBOOK

ページトップへ戻る