SDGsの取り組み

Activities

goal01|goal02|goal14|goal15

学生団体によるSDGs企画・食の多様性や社会問題を知るきっかけに!ヴィーガン料理のシェフによるキッチンジャック

学生団体 LiNK

学生団体「LiNK」が、2022年5月11日(水)、衣笠キャンパス内の食堂にシェフを招いて、動物性食材不使用の本格ヴィーガン料理を販売するイベントを開催しました。

LiNKは、学生が食の多様性や気候変動、食糧危機などの社会課題を身近に感じる機会を提供することを目的に、環境負荷を減らす食として注目される「ヴィーガン」を広める活動を行う団体です。2021年からキャンパス内の食堂で複数回ヴィーガンフェアを開催し、合計8024食を販売しました。メニューや価格設定など、学生の声を調査しながら認知度向上に向けて模索してきました。

今回のイベントでは、LiNKの活動理念に共感したシェフ3組がライブキッチン形式で本格ヴィーガン料理を提供。動物性食材不使用の代替肉を使用したメニューで、それぞれ、IMU HOTEL KYOTO・片岡大樹シェフによる「NEXTカルビきんぴら丼セット」、当日シークレットメニューとして提供された「野菜シェフが作るカレーライス」、ヴィーガン&ローフード・ HARECCHAシェフによる「Green Meatバーガーセット」、3姉妹のシェフthree stars.による「野菜天むす&NEXTツナサラダラップセット」の個性豊かなオリジナルメニュー4品が並び、計400食を販売しました。

今後、LiNKは、食堂でのヴィーガンメニューの常設化や、キャンパス内でのヴィーガン食品の販売を通して多様な食環境の整備を目指していきます。

<立命館大学 NEWS & TOPICS>

【sdgs/activities】20220511
団体情報

学生団体 LiNK

  1. Home
  2. SDGsの取り組み
  3. 学生団体によるSDGs企画・食の多様性や社会問題を知るきっかけに!ヴィーガン料理のシェフによるキッチンジャック