ホーム > 研究費適正執行 > 公的研究費の不正使用防止への取組

【公的研究費の不正使用防止への取組】

 立命館大学では、文部科学省「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2007年2月15日、2014年2月18日改正、以下「公的研究費管理監査ガイドライン」という)に基づき、本学における公的 研究費の適正な運営・管理のあり方を検討して参りました。
 2018年度には、「立命館大学における公的研究費の管理・監査の実施基準」(2007年10月17日施行)を改め、「立命館大学における公的研究費の管理に関する規程」(2018年10月1日施行)を制定しました。今後も本大学における研究費の不正使用を防止し、より適正な執行を確保する取り組みの充実を図ります。<

研究費不正使用防止のための基本方針・規程

 本大学では以下の通り、公的研究費の不正使用に対する基本方針や指針、ルールづくりを行っています。

  1. 立命館大学研究倫理指針
  2. 立命館大学における研究費の不正使用防止対策に関する基本方針(2021.4)
  3. 立命館大学における公的研究費の管理に関する規程


参考

  1. 「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」
    (令和3年2月1日改正、文部科学大臣決定)
  2. 科学の健全な発展のために-誠実な科学者の心得-(テキスト版)
    (平成27年3月31日 日本学術振興会「科学者の健全な発展のために」編集委員会)