大学発ベンチャー、学生起業家を輩出する“起業・事業化推進室”を設置

 立命館大学は、オープン・イノベーションを通じた起業・事業化をワンストップで推進する組織「起業・事業化推進室」を、2021年6月1日に設置しました。
 起業・事業化推進室は、立命館学園(立命館大学、立命館アジア太平洋大学、各附属校)における起業・事業化を推進するための専門機関としての役割を担います。
 この間、研究シーズ型を中心とする立命館大学発のベンチャー企業数では、2017年度と2020年度を比較すると、2.3倍と大きく躍進(※)しています。2019年度にはビジネスを通じて社会課題解決を目指す人材を育成するプラットフォーム・RIMIXを立ち上げ、一貫教育型のアントレプレナーシップ教育の充実も図っています。
 起業・事業化推進室の設置により、それぞれ実施していた研究シーズの事業化と、一貫教育型アントレプレナーシッププログラムを、社会とのつながりの中で総合的に捉え、立命館学園が有する2つの価値「-知と人材-」の社会還元を、さらに推進してまいります。

 (※)経済産業省「令和2年度大学発ベンチャー実態等調査」

起業・事業化推進室設置記念イベントを6月25日に開催

 「デザイン×アート×テック アジアから世界に挑む『立命館の起業のカタチ』」と題した設置記念イベントを6月25日(金)16時より、オンライン開催いたします。大型資金調達を次々に実現している宇宙ベンチャー Synspective社の白坂成功氏(取締役/共同創業者、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)と、徳田昭雄・学校法人立命館副総長(立命館起業・事業化推進室長)が、「立命館が挑む起業・イノベーション次の10年」をテーマにイベントを実施いたします。

イベントについて:
http://www.ritsumei.ac.jp/file.jsp?id=499411

起業・事業化推進室の概要

名  称:起業・事業化推進室
開  設:2021年6月1日
開設場所:立命館朱雀キャンパスを拠点とし、各キャンパスにラボを設置予定
支援対象者:立命館学園の学生・生徒・児童・教職員・卒業生、これらの構成員とともに事業を推進するパートナー(企業、自治体等)

起業・事業化推進室の主な取り組み
  • 起業・事業化支援プログラムの運営(研究・技術シーズの開発、起業家育成プログラムの実施)
  • 学内外のニーズ・シーズのマッチング・入口支援(AI/ICTの活用)
  • 起業・事業化の分野・テーマ等の戦略的選定と募集
  • 社会課題に関する事業への投資(ファンドの運用管理)
  • 起業・事業化拠点(ラボ等)の運営

関連情報

NEXT

2021.06.01 TOPICS

アフターコロナの世界を確かめよう

ページトップへ