TOPICS

円安の理由と構造 金利はこれからどうなる? 国際経済の専門家が解説

EDITOR'S
EYE

円安で損するのは誰?得するのは誰?

TOPICS 01

円安の理由と構造 金利はこれからどうなる? 国際経済の専門家が解説

2022年、ドル円レートが激しく円安に振れた。震源地は米国。インフレに苦しんでいる米国が、政策金利の引き上げに舵を切ったのだ。一方の日本は、物価高騰のニュースばかりで、先行きが見えてこない。そこで、国際金融、国際経済を専門とする立命館大学国際関係学部の大田英明特任教授に今回の円安をめぐる“深層”を解説してもらった。

TOPICS 01へ

ページトップへ