Creating a Future Beyond Borders

scroll

TOPICS OF BEYOND BORDERS

AIとの協調が最適解生む マルチエージェントシステムが示唆する人間とAIの関係

EDITOR'S
EYE

AIと協働して、AI単体以上のパフォーマンスを生み出す取り組みが進んでいます。

TOPICS 01

【shiRUto】AIとの協調が最適解生む マルチエージェントシステムが示唆する人間とAIの関係

自動運転のような革新的な技術を実社会で導入するには、影響やリスクの事前シミュレーションが欠かせない。しかし実地にシミュレーションや実証実験を行うにはきわめて多くの時間とコスト、許可などが必要で、長期間のシミュレーションは困難といえる。そこで注目されているのが、コンピューター上で行う社会シミュレーションだ。
その社会シミュレーションを支える技術が、人工知能(AI)を基盤とする「マルチエージェントシステム」(Multi-Agent System, MAS)だ。マルチエージェントシステムの専門家である立命館大学情報理工学部の服部宏充教授に、滋賀県で進んでいる交通シミュレーションや、『人間とAIの関係』『AI倫理』などについてうかがった。

TOPICS 01へ

ページトップへ