Creating a Future Beyond Borders

scroll

TOPICS OF BEYOND BORDERS

【shiRUto】AI駆使でテック化が加速する不動産取引 空き家がコンテンツとなる未来とは?

EDITOR'S
EYE

教育・研究から得られる知の数々と、私たちや社会との関わりを 読み解くメディア【shiRUto】株式会社すむたすCEO 角高広氏に、AIを駆使した最新の不動産事業を聞きました。

TOPICS 01

【shiRUto】AI駆使でテック化が加速する不動産取引 空き家がコンテンツとなる未来とは?

 不動産テック界隈で注目を集める“iBuyer”という言葉をご存知だろうか?
 不動産の買取から販売まで自社で手がける「買取再販」という事業形態で、特に価格査定アルゴリズムを活用するビジネスモデルがiBuyerと呼ばれ、北米を中心に盛り上がりを見せている。その特長は、ユーザーが最短2日で不動産売却を完了できるという圧倒的スピード感だ。

 日本初のiBuyer事業を昨年(2018年)に立ち上げ、Forbes誌の「アジアを代表する30歳未満の30人 (Forbes 30 Under 30 Asia)」にも選ばれたのが株式会社すむたすCEOの角高広(すみたかひろ)氏だ(立命館大学法学部2011年度卒)。

TOPICS 01へ

ページトップへ