Creating a Future Beyond Borders

scroll

TOPICS OF BEYOND BORDERS

高齢者が陥る「フレイル」の予防を40歳から始めるべき理由とは?

EDITOR'S
EYE

2020年4月1日より厚生労働省が「フレイル健診」を開始。スポーツ健康科学部の真田樹義教授が、フレイル対策について解説します

TOPICS 01

【shiRUto】高齢者が陥る「フレイル」の予防を40歳から始めるべき理由とは?

2020年4月から、75歳以上の後期高齢者を対象にフレイル健診が始まった。
フレイルとは自立障害や死亡を含む健康障害を招きやすい状態を指し、日本語の「虚弱」にあたる。いわば要介護状態の前段階だ。そのまま放置すればやがて要介護状態に移行してしまいかねないが、生活習慣をうまく切り替えられれば健康な状態へと戻る可能性も十分にある。
超高齢化社会へと突き進み、社会保障費が否応ない増加に直面している日本ではきわめて重要な社会課題だ。

いま現役で働いている世代の人々には、フレイルの不安といってもまだまだ縁遠く感じられることだろう。ところが、加齢と健康の関係を研究する真田樹義教授(立命館大学 スポーツ健康科学部)は、「75歳からのフレイル予防は遅すぎる。40歳から意識し始めるべきだ」と警告する。

TOPICS 01へ

ページトップへ